« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

宮城県学童保育連絡協議会 発足

 本日、宮城県学童保育連絡協議会が発足しました。

 埼玉県さいたま市の学童保育指導員で、前全国学童保育連絡協議会会長の片山恵子氏を講師にむかえての指導員研修会の後、39名の参加で規約・方針・役員の承認を行いました。

 会長には、仙台大学教授で学童保育保護者OBの大和田寛さんにお願いしました。副会長は、仙台市通町わんぱくクラブ指導員の伊藤美智子さん、事務局長に私、花木則彰が選任されました。
 県内各地域から幹事さんも出ていただいて、なんとか発足することができました。全国では35番目の県連協となります。

 課題は多く、活動はまさにこれからですが、県内の学童保育の施策充実のためがんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

29日研修会 引き続き申込受け付けます

 29日(日)に開く研修会。
 昨日までの申込みとしていましたが、会場は100名までOKですのでまだ余裕があります。ひきつづき、参加申込みを受け付けます。

FAX 022-303-0031(花木)
メール mailto:fwgj5269@infoweb.ne.jp

こちらまで、、
①氏名・住所・電話、
②所属クラブ、
③指導員歴何年か
④特に聞きたいこと、を記入して

FAXかメールで送ってください。(メール件名は「研修申し込み」としてください)

なお、当日会場に直接来られてもOKです。

(Nori)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

障がい児の放課後ケアに関する研修案内

障がいを持つ子の放課後を充実するための研修会が、放課後ケアネットワーク主催で開催されます。放課後ケアクラブと障がい児の学童保育は、目的や運営方法が違いますが、障がいを持つ子の放課後とは何かという点で、学ぶべき多くのものを示唆してくれると思われます。来年度の受入れ事務の始まるこの時期、障がいを持つ子が在籍するクラブもそうではないクラブも、参加して一緒に考えてみてはどうかと思い、ご紹介いたします。

 放課後ケアネットワーク仙台
                          第3回放課後づくりのつどい

「地域の中の遊び場づくり 
               ~遊び場のない子どもたち~」

1.日時  平成18年1月22日(日) 10:00~17:00

2.場所  仙台市福祉プラザ ふれあいホール
                                                 (定員300名)

3.主催  放課後ケアネットワーク

4.資料代 1,000円

5.託児あり 午前1,000円 午後1,000円 
                                      (要申込み・至急)

  申込み先:電話 022-348-4887 
                   FAX 022-348-4880
                      (放課後クラブピーターパン )

5.内容 

午前:
基調講演1 
    「子どもの視点からの放課後ケアの必要性」

      小坂徹氏(いわき短期大学教授)

午後:
基調講演2 
   「障がいのある子どもを深部から支える放課後ケア」

      村岡真治氏(東京都 ゆうやけ子どもクラブ)

実践報告1 「ピーターパンにおける実践」

         工藤豪氏(NPO法人グループゆう 
                                  放課後クラブピーターパン)

実践報告2 「ホットスペースあいあいにおける実践」

         新井聖子氏(NPO法人さいしょはグー 
                                    ホットスペースあいあい)

パネルディスカッション「放課後づくりの今とこれから」

  パネリスト:村岡氏(ゆうやけ子どもクラブ)、
                   工藤氏(ピーターパン)、
                   新井氏(あいあい)、
                  秋保氏(仙台市障害企画課主幹)

  コーディネーター:伊豆原氏(アフタースクールぱるけ西中田)

6.申込み、問合せ先: 放課後クラブピーターパン
                                                   (担当:浅野)

      電話:022-348-4887 FAX022-348-4880 
                    ※申込みなしでの当日参加も可能です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学童保育の子どもたちの安全確保について仙台市に緊急の要望提出

1月18日、仙台市学童保育連絡協議会で仙台市に緊急の要望を提出しました。学童保育を利用している子どもたちの安全確保についての要望です。

 大変心配な事件が相次いでおり、学校の登下校の安全について地域の協力も得ながら取り組みが進められていますが、学童保育の子どもたちの帰宅時の安全については、特別の手立てが必要です。

安全確保の決定打は、保護者がお迎えに行くことを基本とするしかない状況です。そのためにも、開設時間を6時から7時15分(保育所と同じ時間)にまで延長させることが緊急に必要であり、検討を求める内容です。(全文、掲載します)

 応対していただいた、子ども家庭部長は、「心配されることはそのとおり、対策をどう打つべきか苦慮している、要望の内容は受け止めて検討する」と発言されました。保護者、指導員、行政が子どものために力を合わせることが大切だと思います。引き続き、取り組みをすすめます。(Nori)

                                     2006年1月18日

仙台市長 梅原 克彦 様

                                仙台市学童保育連絡協議会

                                          代表 伊藤 美智子

                                               高橋 京  

                                               斎藤 拓生 

放課後児童健全育成事業 利用児童の
                         安全確保についての要望

 昼間保護者が家庭にいない子どもたちの、放課後の生活保障のためにご努力をいただいていることに感謝いたします。この間、学校や通学時に子どもが悲惨な被害に会う事件が続発しています。仙台市でも子どもたちの安全確保にとりくまれていることと思います。放課後の子ども達の安全という面から、学童保育に注目が集まりマスコミなどでも取り上げられるようになりました。しかし、私たち学童保育(放課後児童健全育成事業)に関わる者にとって、心配はさらに大きなものとなっています。保護者が帰宅する時間は、おおむね6時すぎから7時ころとなっており、学校の放課後、児童館児童クラブや留守家庭児童クラブで過ごした後に、一人で自宅にいる状況が広く存在しています。また、クラブから帰宅する際の安全をどう確保するのかは、一般児童の下校時の対策とは別に手を打たなければならない大きな課題となっています。

 厚生労働省から「放課後児童クラブの児童の来所・帰宅時における安全点検リスト」が通知されました。現状を把握するうえでは大切な取り組みです。点検結果をもとに、改善の手立てを指導し、必要な人の補充も行なっていただくことを期待しています。

 同時に、「安全確保の決定打」は未だない状況です。私たちは、子どもたちの安全確保のためには、保育所と同じように保護者が迎えに来ることを基本にせざるを得ないと感じています。多くの保護者は保育所時代には毎日迎えに行っており、保育所と同じ7時ないし7時15分まで開設時間が延長されれば迎えに行くことは十分可能です。

 子どもたちの安全確保に、保護者、指導員、行政が力を合わせる必要があります。ぜひ、仙台市として緊急な検討と対応を要望いたします。

                    要望事項

○学校からクラブへの来所時について、学校から責任をもって引き継がれるように、学校とクラブの連携をとってください

○クラブでの事故やけが、地震など緊急時の対応について、保護者や学校も加わった検討とマニュアルを作ってください

○クラブから帰宅時、一人ひとりの子どもについて安全確保がなされているか点検してください。

○保護者が迎えに来るためにも、保育所を同程度の時間まで開設時間を延長してください。

○長期休み中の朝の開設時間も、安全確保のためにも9時では遅すぎます。少なくとも30分早めてください。

                                以上、緊急に要望します。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

1/29研修会のお知らせ

 1月29日(日)「これから生きる、学童保育指導員の基本」と題して、指導員むけ研修会を開催します。

 県内で学童保育(放課後児童健全育成事業)が次々に開設されています。そこで働く指導員も増え、日々子どもたちと接しながら悩んでいることも多いのですが、情報交換や研修の機会が少ないのが現状です。

 情報交換と指導員の研修機会を増やすことを中心に、宮城県学童保育連絡協議会をつくろうとしています。ぜひ、ご参加ください。

 今回は、結成総会をかねて、「新任指導員向け講習」を開きます。新任の方はもちろん、「新しい人に、どう説明したらいいかしら」と悩んでいるベテラン指導員の方にもうってつけの内容です。

 申し込みは、1月25日(水)までに、①氏名・住所・電話、②所属クラブ、③指導員歴何年か④特に聞きたいこと、を記入してFAXかメールで送ってください。(メール件名は「研修申し込み」としてください)
 お問い合わせも、メールでどうぞ。(Nori)

FAX 022-303-0031(花木)
メール mailto:fwgj5269@infoweb.ne.jp

「これから生きる

         学童保育指導員の基本」

1月29日(日) 13時~17時

仙台市 旭ヶ丘市民センター
                            
 第一会議室

講師 片山 恵子 氏
全国学童保育連絡協議会前会長、
さいたま市見沼学童保育どろんこクラブ指導員

講習料 1000円(当日清算)

日程
   
講議
   情報交換
   宮城県学童保育連絡協議会 会則・方針
   役員選出

会場案内 旭ヶ丘市民センター
 地下鉄旭ヶ丘駅下車(仙台駅から泉方面6つ目の駅)
 駅の上にある建物です。1Fはバスプール。
 仙台市青葉区旭ヶ丘3-25-15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »