« 市連協の定例会 2月18日に開きます | トップページ | 仙台市議会で児童館・学童保育問題の質疑をしました »

2006年2月18日 (土)

仙台市連協 定例会開きました

 本日、仙台市学童保育連絡協議会の定例会を開きました。

 来年度の仙台市の予算では、2・11記事の6学区で児童館の建設が行われ、2007年4月に開館することになります。全て現在留守家庭児童会があるところです。留守家庭児童会から児童館児童クラブへの移行で、指導員が解雇される問題、保育の継続性をどうするか、児童館児童クラブに希望者が多い時足きりが行われる問題について、どのような取り組みが必要か議論しました。

 2005年度児童館児童クラブに移行し、児童館としてははじめてのNPO指定管理者のもとでほぼ1年を経過した鹿野小の保護者と、これから児童館が建設される榴岡小の保護者からこの間の経過についてお話を聞きました。「学童保育のニーズに応えられない狭い児童館では困る」「希望者を足きりすることはやめてほしい」と取り組んできましたが、260㎡から、一部収納スペースをロフト化することにより280㎡まで広げられたとのことでした。
 新たに建設される児童館について、指定管理者が公募されることから、「ただ、まともな事業者が選定されるよう願っているだけでいいのか」との問いかけがあり、どういった方策があるか検討しました。榴岡では、こんな事業者に指定管理者になってほしい・・・というアンケートを実施し、市に届けること。希望者が多くなることは確実で、「現在の留守家庭児童会(スマイルクラブ)を当面継続させてほしい」との要望を続けていくことが報告されました。通町では、指導員であり、市連協の代表のひとりである伊藤美智子さんが「やはり、私としても通町で学童保育の指導員を続けたい」といろいろな可能性を追求する意気込みを語りました。

 

 次回は、3月12日(日)午後5時からアエル28階のエルソーラで開きます。

 

|

« 市連協の定例会 2月18日に開きます | トップページ | 仙台市議会で児童館・学童保育問題の質疑をしました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市連協 定例会開きました:

« 市連協の定例会 2月18日に開きます | トップページ | 仙台市議会で児童館・学童保育問題の質疑をしました »