« 2006年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2009年7月11日 (土)

渡辺ひろしさん からの回答

質問1 公立保育所は廃止か維持かについて

保育環境の徹底的な整備が目標と考えております。

多様なニーズに応えられるよう、メニューをできるだけ増やしたい。

公立保育所も重要なメニューであると認識しております。

質問2 学童保育の待機児童をなくすための施策について

学童保育は、重要な施策であり、一定の役割を果たしていると認識しております。柔軟に対応し、需要に応えるべきと思っております。

質問3 学童保育の開設時間の拡大要求について

学童本位が基本と考えます。学童の置かれた環境に応じて適切に対応すべきです。

| | トラックバック (0)

岩崎えみこさん からの回答

質問1 公立保育所は廃止か維持かについて

一概に廃止・維持という結論を出すのではなく、内容を熟考したうえで再構築が必要。

質問2 学童保育の待機児童をなくすための施策について

企業内託児所、育児休暇取得に対する取り組みを推奨する。

質問3 学童保育の開設時間の拡大要求について

子どもたちの安全を確保するためにも、学童保育の開設時間を拡大することを含め、取り組むべき施策はすべて検討しながら行なっていくべきだと考えている。

| | トラックバック (0)

奥山えみ子さん からの回答(7/10)

質問1 公立保育所は廃止か維持かについて

老朽化している公立保育所の建替えにつきましては、児童の安全・安心とよりよい保育環境を確保していく観点から喫緊の課題と認識しておりますので、民間の力を活用しつつ、市民の皆様のご理解を得ながら、進めてまいりたいと考えております。

なお、待機児童対策としましては、私立保育所整備を計画的に進めるとともに、せんだい保育室等も活用し、その解消を進めてまいります。

質問2 学童保育の待機児童をなくすための施策について

児童館における児童クラブの不承認児童の対策につきましては、児童館の未整備地区における児童館整備に積極的に取り組むとともに、学校の余裕教室の活用や他の施設を利用することにより児童館以外の場所に児童クラブ室を確保するなど児童の受け入れ拡大に取り組み、不承認児童の解消に努めてまいりたいと考えております。

質問3 学童保育の開設時間の拡大要求について

保護者の方々の仕事の時間等から児童クラブの開設時間の拡大が望まれておりますが、職員体制の整備とそれに伴う費用の確保といった問題など解決すべきさまざまな課題がございますことから、実現にはもう少し時間を要するものと考えております。

| | トラックバック (0)

柳橋邦彦さん からの回答(7/5)

質問1 公立保育所は廃止か維持かについて

保育水準の維持向上のためには、公立・民間保育所がバランスよく地域に配置されていることが不可欠であり、民営化方針を白紙撤回して公立保育所を維持し、公設民営の保育所整備によって、待機児童ゼロを目指します。

質問2 学童保育の待機児童をなくすための施策について

学童保育の充実は喫緊の課題であり、待機者の早期解消のため、児童館の整備を加速し、1つの小学校に複数の児童クラブの運営を認め、更に「放課後こども教室(留守家庭児童会)」を増やします。

質問3 学童保育の開設時間の拡大要求について

保護者の就労時間等を踏まえると、特に夕方の時間延長を求める要望は当然のことと受け止めており、必要な財政措置を講じて時間延長を行い、子どもに放課後の生活の場を提供し、子育て家庭を支援します。

| | トラックバック (0)

2009年7月仙台市長選挙の立候補予定者に公開質問状を送りました

しばらく、休眠していたこのブログです。申し訳ありませんでした。

いよいよ仙台市長選挙がはじまります。仙台市の学童保育の施策の充実にこたえてくれる候補者は誰なのか・・・まだ、ほとんどの候補者がくわしくは政策を出していません。

現在の梅原市長の市民に冷たい施策、市民の声を聞かない姿勢には大きな拒否の世論がふくらんでとうとう「出馬断念」となりました。しかし、タクシーチケット問題などが話題となった一方で、施策の中身をどう変えるのかが、まだ争点になっていません。

私たちは、仙台市の子どもたちにとって、特に働くお父さんお母さんが子育てをするうえで、保育所の充実とともに、学童保育の充実が欠かせないと運動を続けてきました。今回の市長選挙で、一歩でも二歩でも改善されることを望んでいます。

現在、立候補を予定している六人の方に、三項目の質問を送っています。返答について公表をして、私たちと市民の皆さんの判断材料になればよいと考えています。

公 開 質 問 状

日頃より仙台市の繁栄と市民の生活を支えていただいていることに心より感謝いたします。

さて、来る726日、任期満了に伴う仙台市長選がありますが、その候補者の皆様にお尋ねしたいことがあります。今後四年にわたり仙台市政の舵取りをどのようにされるお考えか伺い、学童保育関係者の皆様に公表し投票の参考にしてもらいたいと思いますので、お忙しい折とは思いますが、お答えいただき返送下さいます様お願いいたします。

質問1 保育所の待機児が多い仙台市が、現在公立保育所の廃止を推進しているのは理解に苦しみます。今後も公立保育所を廃止していくのか、維持する考えはないのか、お答えください。

質問2 学童保育の待機児童も増えているのは、ご存知のことと思いますが、学童保育の待機児童をなくすために、どのような施策をお持ちなのか、お答えください。

質問3 学童保育の開設時間の拡大の要求がありますが、どのような取り組みをするのか、お答えください。

質問は以上三点です。回答はFAXでお願いします。

仙台市民として、立候補される皆様のご健闘を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2010年12月 »