« 2009年7月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月26日 (日)

「宮城県学童保育講座」開催のお知らせ

「宮城県学童保育講座」が、来年開催されます。
宮城県での開催は、5年前に石巻で開催されて以来2回目、仙台での開催は初めてです。

指導員さんはもちろんのこと、保護者の皆さま、行政職員、放課後子ども教室スタッフ等地域の皆さまも、是非お誘い合わせてご参加ください。

☆日 時:2011年1月23日(日) 9:50~15:00

☆場 所:仙台市福祉プラザ(午前)  北杜学園五橋校舎(午後)

☆主 催:全国学童保育連絡協議会

☆内 容:
 1.基調報告学童保育の重要性と今後の方向と課題 
              (全国学童保育連絡協議会)

 2.講座(10:20~11:45)  テーマ「指導員の仕事の基本とは」
     学童保育の生活づくりで大切にしたいこと~ 
        講師:河野伸枝(全国学童保育連絡協議会副会長、指導員)

 3.交流会(13:00~15:00)  
  ①子どもや保護者との関わり  
        助言者:河野伸枝(前述)
  ②学童保育の運営や市町村の施策、よりよいあり方 
        助言者:真田祐(全国学童保育連絡協議会)
  ③県内の学童保育の情報交換しましょう!
        助言者:坂内玲子(宮城県子育て支援課子育て政策専門監)

 
☆参加費:千円

☆申込み先: haru_rururu117@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第29回学童保育のつどい」報告

 去る11月23日(日)、「仙台市男女共同参画推進せんだいフォーラム2010」の企画として、「第29回学童保育のつどい」が開催されました。

 前半は、宮城学院女子大学平本福子先生によるデンマークの放課後クラブ視察の報告と日本での食育事例に関する講演。
 後半は現場の指導員や保護者、その他子どもの食に関心のある参加者で、講演を基に日本の子どもの現状やその中でどういう取り組みを目指すべきかについて語り合いました。49_232__3 

 同時に、子どもプログラムとして、仙台市内の学童保育や放課後子ども施設などに通う(通った)7人の子どもたちが、宮城学院平本ゼミの学生さんのサポートで、オリジナルクッキー作りに挑戦しました。

 学校と家庭があって、その真ん中に学童保育がある。「暮らし」というところを学童保育 が担保してほしい。「暮らし」であれば、おやつも食べるし、宿題もする、喧嘩もするということが自然に行われる。そんなお話がでたところで、子どものプログラムでクッキーを焼いた子どもたちが笑顔で入場し、そのクッキーを味わいながら、大人も子どもも笑顔で29回目の学童保育のつどいを閉じました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2011年1月 »