« 障害のある子の放課後保障 | トップページ | 「宮城県学童保育講座」終わる »

2011年1月22日 (土)

「宮城県学童保育講座」読売新聞に紹介記事

昨日1月21日の読売新聞に、学童保育講座の紹介記事が掲載されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      「学童保育考える 23日仙台で講座」

 共働き家庭などの小学生を放課後に預かる学童保育(放課後児童クラブ)のあり方を話し合う「学童保育講座」が23日、仙台市青葉区の市福祉プラザなどで開かれる。

 県内の昨年5月時点での学童保育設置数は、359か所、小学校数に対する設置率は78.7%で、全国平均の88.7%を下回っている。共働き世帯が都市部を中心に増えているほか、放課後の安全対策としても関心が高まり、学童保育の充実は急務。政府も昨年1月。利用児童を5年間で現行より30万人増やす目標を掲げ、整備を進めている。

 講座は、民間団体「全国学童保育連絡協議会」が主催。副会長で指導員の河野伸枝さん(埼玉県飯能市)が、現場に担い手である指導員が果たすべき役割や経験談を披露する。子どもや保護者とのかかわり方、行政の支援、県内学童保育のネットワーク化についても意見交換する。

 協議会は「指導員だけでなく、運営主体である市町村関係者、保護者、地域の方々にも積極的に参加してほしい」と呼びかけている。

 午前9時50分から。定員150人。参加費1000円。

                     【讀賣新聞1月21日朝刊宮城版】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|

« 障害のある子の放課後保障 | トップページ | 「宮城県学童保育講座」終わる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宮城県学童保育講座」読売新聞に紹介記事:

« 障害のある子の放課後保障 | トップページ | 「宮城県学童保育講座」終わる »