« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

仙台市の児童クラブ延長・有料化問題-8 第3回学習会案内

第3回緊急学習会を、「仙台市の児童クラブ(学童保育)の充実を求める会」準備会 をかねて、以下の日程で開催します。

  1. 日程: 2012年1月15日(日) 14:00~
  2. 場所: エル・パーク仙台 セミナーホール2
  3. 内容: 児童館事業と放課後児童健全育成事業

他の政令市の運営状況を参考に、放課後児童クラブ条例
専任職員 専用室 生活プログラムなどについて学び、
仙台の児童クラブがどうあるべきか、考えていきます。

お問合せは、仙台市学童保育連絡協議会事務局へ
sendai.gakudou@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市の児童クラブ延長・有料化問題-7

児童クラブ(学童保育)は、児童館事業とは別事業

先日の第3回学習会では、放課後児童健全育成事業は児童館機能の一つではなく、児童館は別事業であることを前回学習会で確認しました。児童館で行う児童クラブは、 児童館併設児童クラブ と位置付けるべきだし、それであれば有料化も納得できると云うものです。

先日の社会福祉審議会児童福祉専門部会では、これまで仙台市が児童館と放課後児童健全育成事業を「一体」として運営してきたことの是非、放課後児童クラブは児童館機能の一つなのか、別事業なのかということを議論せずに、延長有料化の話し合いがなされていたことが、たいへん残念です。

専門分科会では、委員長から①開設時間延長 ②受益者負担(利用料) ③児童館の機能 ④仙台市の子育てに関するグランドビジョン の4つの論点に絞って話し合いたいと提案されていましたが、③④は時間が足りず、3月の第5回専門分科会に回されました。

児童館延長・有料化についての審議会での議論は終了しました。しかし、議会で全会派から質問があったように、市民の関心が高いことから、審議会も熱を帯びた議論となっていました。時間切れの感は免れませんが、委員長から、審議会での話し合いは「諮問」であり、最終的には議会が決定し、市民が評価するものだという発言がありました。

議会での審議に向け、世論を高めるべく、「仙台市の児童クラブ(学童保育)の充実を求める会(仮称)」をたちあげようと、会場から発案され、1月15日に予定されていた学習会は、その準備会も兼ねることになりました。

第3回学習会については、別途お知らせいたします。

お問合せは、仙台市学童保育連絡協議会事務局へ
sendai.gakudou@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回宮城県学童保育講座のご案内

全国学童保育連絡協議会主催の「宮城県学童保育講座」を、これまで研修提供ができなかった県北で開催することになりました。指導員さんだけでなく、保護者、行政担当者、運営者、議員さん、地域子ども教室のスタッフなど地域の方々にも、ご参加いただきたいと思います。

  1. 日 時:2012年1月22日(日) 10時~15時30分
  2. 場 所:加美町中新田交流センター
  3. 内 容:(午前/講座 午後/分科会)
    ご挨拶/宮城県子育て支援課坂内玲子専門監
    基調報告/全国学童保育連絡協議会

    講座 「子どもの心に寄り添う指導員の仕事」
     
    永松範子(全国学童保育連絡協議会副会長・指導員

    第1分科会:年度末・年度初めの学童保育の生活づくり
     講師 永松範子(全国学童保育連絡協議会)
    第2分科会:県内の学童保育、被災地の学童保育(交流)
     助言者 坂内玲子専門監(宮城県子育て支援課)
     進行役 池川尚美(宮城県学童保育緊急支援pt)
    第3分科会:よりよい学童保育とは~運営・施策・制度~
     助言者 真田祐(全国学童保育連絡協議会)
  4. プレ企画(任意参加)交流会 1月21日(土)19時から
     
  5. 参加費:千円
     
    沿岸部の市町村(仙台市・石巻市・気仙沼市・名取市・東松島市・塩竃市・多賀城市・岩沼市・利府町・亘理小・山元町・南三陸町・七ヶ浜町・松島町・女川町)からの参加者は、義捐金により全額免除

    お弁当/希望者のみ700円(要申込み)

    宿泊(および交流会)/希望者のみ1泊2食5,720円と飲み物代(実費)

     ※沿岸部の市町村からの参加者には、宿泊分2,520円を義捐金より援助(朝夕の食事代3,200円のみお支払いただくことになります)
  6. 申込み方法
     FAX:022-215-9867

     MAIL:miyagi_gakudou0311@yahoo.co.jp

    氏名/性別/立場(指導員・保護者・その他/所属学童保育名/連絡先住所・自宅電話・職場電話/希望分科会/弁当希望の有無/宿泊希望の有無/交流会参加希望の有無/古川駅寄りの無料送迎バスの利用希望の有無を記入の上、上記宛先に申込みください。

     古川駅より無料送迎バス用意 
      (仙台9時発のはやてに合わせて9:25古川駅出発)
  7. 締め切り できるだけ1月16日までに申込みください
    当日参加も可能 
    お弁当締め切り:1月16日
    宿泊申し込み:1月6日まで
  8. 問合せ先:全国学童保育連絡協議会
     03-3813-0477 担当:真田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

仙台市の児童クラブ延長・有料化問題-6

第2回緊急学習会 開催のお知らせ

仙台市社会福祉審議会児童福祉分科会は、複数意見の併記で延長・有料化の問題の議論を終えましたが、審議の中で、まだまだ話し合いが十分でないことが確認されています。市民としてこの問題を継続して考えていくために、 第2回学習会で、学びを深めましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日 時 : 2011年12月23日 (祝) 10時~12時半
場 所 : 仙台市市民活動サポートセンター4階研修室5

内 容 : 児童館の中の放課後児童クラブ
     
~県内児童館・児童クラブの運営状況から~
            参加者による意見交換
助言者 :
全国学童保育連絡協議会事務局次長 真田 祐
参加費 : 無料
連絡先 : 090-1930-4908 
      
sendai.gakudou@gmail.com

※お子さんを連れて参加されてもかまいません。
なお、本学習会のチラシは、サポセン1階・エルパーク仙台に配置されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 先日の仙台市社会福祉審議会児童福祉分科会では、児童館事業と放課後児童健全育成事業(学童保育)は別の事業であることが、整理されないままの審議だったようです。
 審議会では、仙台市の児童クラブは、児童館の4つの機能のひとつとして位置付けていることが説明されました。第4回社会福祉審議会児童福祉分科会で配布された資料によると以下になります。

 ①児童健全育成事業 ・・・自由来館児への遊び場の提供等
 ②子育て家庭支援機能 ・・・幼児クラブや子育てサークルの育成等
 ③地域交流推進機能 ・・・地域コミュニティの活性化や子育て支援クラブ等の育成支援
 ④放課後児童健全育成事業 ・・・児童クラブ(学童保育)
  ※機能名、事業名は審議会資料から ・・・以下は、ブログ筆者が要約 

放課後児童健全育成事業は法律で定められた「事業」で、3つの児童館機能と並列されるべきものではありません。
学童保育法制化(放課後事業健全育成事業施行)以前は、児童館と児童クラブを「一体」として見ていた自治体も少なくありませんでした。しかし、法制化を受け、全国的には児童館内にある学童保育は、児童館「併設」として施策に位置づけられている自治体が増加しています。

ここをしっかり見極めないまま話し合いを進めてしまうと、学童保育の事業の目的(遊びと生活の場であること)や専任、専用室を置く意味が曖昧になってしまいます。 県内には、児童館が18時で閉館しても、児童クラブは別事業として18:30まで実施している所があります。児童館「併設」の学童保育であれば、専任職員がいて、専用室として別に管理されているので、問題なくできることです。

学習会でここを学び、仙台市の学童保育はどうなってほしいのか皆で意見を出し合いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

仙台市の児童クラブ延長・有料化問題-5

第4回仙台市社会福祉審議会児童福祉専門分科会日程

先日の緊急学習会には、広報が行きとどかなかったにもかかわらず、約30名の参加がありました。河北新報、KHBの報道をご覧になった方も多いかと思います。報告が遅れていて、申し訳ありません。

取り急ぎ、標題の案内をします。大事な時期に来ています。
誰でも傍聴できます

  ** 第4回仙台市社会福祉審議会

           児童福祉専門分科会 **

  日時:12月20日(火曜日)14時30分~

  会場:仙台市役所本庁舎2階 第二委員会室

  議題:児童館児童クラブの開設時間の延長
      及び受益者負担の導入について

詳細は、 仙台市HP でご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »